法事にはどんな種類や意味があるのか、特に重要な初七日、一周忌、十三回忌。

法事とは、故人の冥福を祈り、霊を慰めるための行事です。故人の供養の為に行われるもので、仏教用語で「追善供養(ツイゼンクヨウ)」といいます。故人があの世で良い報いを受けられるように祈り、供養するものです。最近では、法事と法要は同じ意味として使われている事も多いのですが、正確には「法事」とは法要を含むその後の食事の席など全体の事を言い、「法要」とは住職にお経をあげてもらうことをいいます。

死後、最初に行われる法事は、初七日(ショナノカ)といい命日を含めて7日目に行います。最近では葬儀当日に初七日を済ませてしまうことも多くなっています。初七日は仏教の世界では、故人が三途の河のほとりにたどり着く日といわれていて、故人の生前の行いにより成仏出来るかどうかの判決がくだされる大切な日とされています。故人が無事に成仏出来るよう法要を行う日です。

初七日に続き、二七日(フタナノカ、命日を含めて14日目)。三七日(ミナノカ、命日を含めて21日目)。四七日(ヨナノカ)。五七日(イツナノカまたはサンジュウゴニチ)。六七日(ムナノカ)。七七日(ナナナノカ)。四十九日(シジュウクニチ)。という感じに死後七日ごとに四十九日まで法要があり、それらを忌日法要(キビホウヨウ)といいます。

この四十九日で「忌明け」となります。香典返しは「忌明け」の後に無事忌明けが済んだ事のお知らせや、お礼の挨拶もかねて贈られることが一般的となっています。最近では忌日法要などは簡略化されていることが多く、良く知られている法要は、初七日、四十九日、一周忌などがあります。

四十九日後の法要は「百か日」「一周忌」と続きます。最近では百箇日は簡略される事が多いのですが、一周忌は「年忌法要」の中でも最も大切な法事です。一般的には一周忌が済むと喪明けということになります。故人が亡くなられて一年後の月命日に親族や知人など多くの人に集まってもらい執り行われ、供養の儀式や会食が行われます。

「年忌法要」には一周忌のあとに、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と続きます。三十三回忌もしくは五十回忌で法事を終了し、それを「弔い上げ(トムライアゲ)」といいます。一般的には十三回忌が満十二年目を迎えたということで大々的に行われる事が多くなっています。一周忌と違い、三回忌からは、故人が亡くなられてからの満年数より一年ひいた年に行われます、そのため三回忌は一周忌の翌年に行われます。

一周忌とともに大切な法事とされているのが「初盆(ニイボン・アラボン」です。故人が亡くなられてはじめて迎えることになるお盆のことです。お盆はもともと先祖を供養する儀式ですが、新盆は特に大切に営まれます。四十九日の前にお盆を迎えてしまう場合に限り、新盆の儀式は翌年に行われます。

法事の日取りを決める場合は、参列者が集まりやすい休日や、僧侶の都合などで決めて問題ありませんが、亡くなった日よりも後に行うのは良くありません。その点を注意し日取りを決めます。本来は法事は自宅で行い、僧侶を招くものでしたが、住宅事情などで法事の儀式はお寺などで行い、法要が終わった後の食事は場所を移す事が多くなっています。お寺や食事をする会場への依頼、参列者への案内状も早めに手配します。会食の場では故人の思い出を語り、冥福を祈る大切な場になるよう過ごしましょう。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ