故人らしさを尊重。自由葬・音楽葬とは

自由葬とは、形式にこだわらず思い通りに自由な発想で執り行う葬儀の事です。無宗教で行われる事が多く、自由葬の良いところは故人の好みや希望などを取り入れ、故人の生前のビデオや好きだった曲を流したり、思い出の品を飾るなどして故人らしさを取り入れる事で、個性あふれる葬儀を行う事が出来ます。最近では、宗教的な葬儀でも、僧侶によってはある程度の要望は受け入れてもらえる場合もあります。

生演奏などによる音楽を葬儀中に流すものを音楽葬といい、一般的にはピアノや弦楽器などの生演奏を葬儀中に行うものですが、斎場などの都合で生演奏は隣の会場まで音が漏れ、迷惑がかかる場合もあります。生演奏が可能な会場を利用出来ない場合などは録音されたテープやCDを流す場合もあります。読経の変わりに音楽を流したり、弔辞中のBGMとしてなど場面によって曲を変え、音楽を流します。一般的にはクラッシックなどが多いようですが、故人の好みを尊重して、にぎやかな音楽を流す場合もあります。

ただ、本来の葬儀と違い、全てが自由に出来る変わりに、決まりがないため、全ての流れを遺族が決めていかなければならず、大きな負担になることもあります。そして、親族や近親者の理解を得られない場合も出てくるため、事前に思いや主旨を説明し、納得してもらう必要があります。

親族などの理解を得られ、苦労をしてでも故人のために自由葬を成功させたいという思いがあれば、とても素敵な思い出深いお別れの儀式になるでしょう。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ