戒名とは?以外と知らない基礎知識

戒名とは本来、仏門に入った証として、仏の弟子になったと認められた者に戒律を守るしるしとして与えられる名前で、一般の者が簡単に頂けるものではありませんでした。

現在ではあの世での名前になるものだと言われており、この世での名前は俗名と言われています。戒名を頂くという事は僧になるということになり、故人が極楽に行かれるとされています。戒名は一般的には、故人の遺骨を納骨する寺の僧侶につけてもらいます。

基本的には、大人の男性の場合は「院号」院「道号」『戒名』「位号」居士。となり、大人の女性の場合は「院号」院「道号」『戒名』「位号」大姉となります。子どもの場合は最後の2文字が嬰女、孩女、童女などになりますが、宗派により少しずつ違ってきます。お位牌や墓に書かれた『戒名』の部分の2文字を本来戒名と言いますが、この全体を戒名と呼ぶことが多いです。一般的に長い方が格が上と言われていますが、本来の「戒名」の部分はどんな人でも2文字と決まっていて、仏の世界では誰でも平等とされていることを表しています。宗派によっては戒名ではなく、法名、法号などということもありますが、戒名がない宗派もあります。

戒名とは別につく「院号」「道号」「位号」によって位が変わってきます。「院号」は生前に寺院や社会などに大きく貢献した人に与えられるものです。「道号」は仏教を会得した人につけられるもので、格が高い人につけられると言われていましたが、最近ではあだ名のような感じでつけられることもあり、生前の故人の特徴などから一字をつける事が主なようです。「位号」は性別や年齢などによりつけられるもので、宗派によって文字が変わってきます。

戒名をつけてもらう際の戒名料について、高額な値段を払うと戒名が長くなるなどの宗教上のビジネスになっていることが一部で問題になっていますが、戒名料というものは本来なく、戒名を頂いた時の僧侶へのお布施がそれにあたります。戒名をつけて頂いたときに読経をしてもらったりなどで値段が変わってきますが決まった金額はありません。ご自身の宗派のお寺などに聞いてみると良いでしょう。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ