近親者、親しかった人のみで故人を偲ぶ。家族葬とは

家族葬とは、家族、親族、親しかった友人知人などの故人を良く知る者の範囲で行う葬儀の事です。会葬者への対応などで慌ただしくなる事をできるだけ避け、身内でゆっくり故人とお別れをしたいという思いや予算をあまりかけたくないという思いで家族葬という形を選ぶ場合が多くなっています。生前の故人の希望である場合もあります。

家族葬が増えてきている原因には、高齢化も関係していて、以前は定年後間もなく、もしくは会社勤めをしている年代で亡くなる事が多く、職場の人との交流も深く、同僚などが葬儀を取り仕切る事が多かったのですが、最近では寿命が延び、定年後随分と経って亡くなる事が多くなり、故人の最後の時代を知る人が少なくなっているという事もあります。

身内だけでゆっくりと、という思いの家族葬ですが、あとで問題が起こらないように気をつけなくてはならない事があります。葬儀が終わった後、なんで知らせてくれなかったのか。とお線香を上げさせてほしいなどと訪れる弔問客への対応に追われてしまい逆に疲れてしまうということがあります。そしてその程度の繋がりに思われていたのか。というような思いをされる方がないよう、失礼のない形で弔問や香典、供花などの辞退をお知らせしておく必要があります。お知らせしなかった方への対応が難しいため、身内だけで行うとはいえ、神経を使わなければなりません。

そのようなことから家族葬は人があまり集まらないので、斎場や祭壇もそれほど立派な者を用意する必要はありませんが、規模が小さくても予算内で心を込めた対応、提案をしてくれる葬儀社を選ぶ必要があります。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ