最近では同時に行われる事も多い告別式と葬儀の違いについて

本来、葬儀と告別式は別々に行われるものでしたが、最近では、核家族化や宗派などの問題などにより、同時に行われる事が多くなっています。

葬儀とは、遺族や近親者が故人の冥福と成仏を祈るための儀式、「儀礼」のことです。告別式とは、遺族・近親者も含む友人・知人が故人とお別れをするための「式典」にあたるものです。社会やお世話になった方への告知やお別れの挨拶という意味合いも含まれています。葬式とは、葬儀と同じ意味合いです。

告別式とは、本来は葬儀を済ませ、会葬者全員でお骨をお墓まで送ったあと、埋葬前に行うものでした。最近では会葬者が火葬場に同行することも減り、葬儀に続き、告別式も同時に行う事が多くなりました。

有名人など、参列者が多く集まるような、規模が大きくなる式などの場合は、事前に葬儀を密葬を済ませ、後日改めて「お別れの会」という形で告別式を行う事も増えています。

葬儀は地域、宗派によって形は異なります。地域や宗派によっては方法がきっちりと決まっている場合もありますので事前の確認が必要です。それに比べ、告別式は決まり事も少なく比較的自由なスタイルで行われています。また、告別式を行うタイミングは、火葬の前の場合も火葬の後の場合もあります。これらは地域によるものであったり、亡くなった時期や季節、暦などの都合により順番が前後します。年末年始などは火葬場が休みの場合も多く、その後は混み合うこともあり、暦などとの都合もあわせるとスケジュールを組む事が難しくなってきます。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ