香典返しにはどのような意味があるのか、金額の相場と目安

香典とは本来はお供え物なので、香典返しというものは必要ないと言われていましたが、最近では香典が金銭に変わったことなどもあり、忌明けなどに挨拶やお礼の意味も兼ねて香典返しを送る事が多くなりました。

香典には、一家の大黒柱である働き手が亡くなった場合や、両親が亡くなり子どもたちが残されてしまった場合など、喪家に対する葬儀から忌明けまでの急な出費に対して、扶助の意味合いがありました。そのようなことから特に子どもたちが残されてしまった場合には香典返しをしなくても良いとされていますが、頂いたお香典を子どもたちのために役立たせて頂きますという意味のお礼状を必ず送ります。

一般的には消耗品が多く、頂いた金額の三分の一から二分の一ほどの金額のものを選ぶ事が多いようです。品物は地域によって差がありますが、収納に困ってしまうようなものよりも形が残らずに重宝する、お茶やコーヒーなどの食料品や生活用品、それぞれの好みで品を選べるギフト券やカタログギフトなどが喜ばれているようです。広い家に暮らし、収納スペースに困らない地方の方などには、食器や寝具なども重宝されているようです。

香典返しの品にはのしを付け、挨拶状を添えます。挨拶状やのしはすべて薄墨で印刷または書きます。のしなどは文房具屋でも購入出来ますが、デパートやネットショッピングなどで購入するとラッピング、のし、挨拶状まで請け負ってくれる事も多く、時間がないときには便利でオススメです。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ