ひっそりと故人を偲ぶ、密葬とは。家族葬とどう違うのか

密葬とは、本来は大きな葬儀・告別式の前に親族のみで火葬を済ませ葬儀を行うことをいいました。

家族葬なども、密葬というくくりに入れられる事もあるようです。家族葬と密葬との違いは、密葬は後日改めて本葬を行うというところです。

最近では公に通知せず、親しい者だけで葬儀を行う場合も密葬というようになりました。親族のみで葬儀を行う場合もありますが、身寄りがない方や家族が遠方にいて足を運べない場合など、火葬のみで済まされる事もあります。この密葬と、家族葬の違いは、家族葬は、親族や親しい友人など限られた人には知らせ、同席してもらうところです。

密葬の場合、葬儀が終わるまでは訃報を知らせないものですが、自宅で行う場合はどうしても近隣の人にはわかってしまいます。そのような時は、密葬であることや、弔問を控えてほしいことなどを話しておく必要があります。

最近では、小規模の葬儀を希望する人も増え、葬儀社でも、小規模の会場や、密葬用のプランがある場合も増えてきています。斎場で行えば、近所の目も気になりませんので、密葬を執り行ってくれる葬儀社を探し、どのような形で行いたいか、予算はどのくらいかなどを細かく相談してみると良いでしょう。

本来の密葬に関しては、後日大きな葬儀を行うので問題はないのですが、最近増えている家族葬や密葬は、あとで問題が起きないよう、葬儀を済ませた後に失礼のないよう密葬で行った事などを説明する内容の挨拶状を送るようにしましょう。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ