散骨について知っておきたい事

散骨とは、お墓以外の場所に、自然に戻すという意味で、遺骨を細かく砕いて撒く事です。死後、自然に還りたいという思いから、散骨を希望する人は年々増えており、海や山など自然が好きだった人には特に支持をされています。

散骨を希望する者も増えてきていることから、散骨への理解が進んではいるものの、実際に散骨を行うケースはあまりありませんでした。「墓埋法」と言われる墓地、埋葬等に関する法律の第四条「埋葬又は焼骨 の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。」や「遺骨遺棄(刑法第190条)」という「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄 し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。」などという法律があり、むやみに撒いていいものではなかったからです。

ところが、1991年に厚生省が「墓埋法は遺灰を海や山に撒く葬法は想定しておらず法の対象外である。」という見解を発表。法務省も刑法190条について「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り遺骨遺棄罪に該当しない。」という見解を発表したことにより散骨が行われる事が増えてきました。「節度を持った」というところの解釈には幅がある事から、トラブルが起きる事も考えられ、今後新しい規制をつくるべきだという意見もあります。

日本国外に撒く場合は、国によって法律があり、許可などが必要となってくる場合もあるので勝手に撒くと多額の罰金が発生したりする可能性があるため注意が必要です。海外で行う場合は、現地の専門家や業者に相談しましょう。

国内での散骨を実施する場合、近親者などには同意をとっておきましょう。親族に同意を得ずに、全ての遺骨を散骨してしまいトラブルが起きるということもあるようです。近親者への同意がもらえれば、故人の散骨にふさわしい場所と日時を決め、交通手段などの手配をし、マナーを守り密やかに一目につかないように行いましょう。葬儀社にお願いする場合「散骨証明書」を発行してくれる場合もあるようですが、これは必ずしも必要なものではありません。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ