本人が主催者、生前葬とは

生前葬とは、本人が生きているうちにお世話になった人や、縁の深い人を招いて、自らが喪主として参加をし、行われるものです。親交が深い人たちに対して、お世話になっている事を感謝し、お礼をするという意味も兼ねています。

形式はいろいろですが、にぎやかなものが多く、パーティー形式が多くなっていますが、宗教的な葬儀を行う場合もあります。

歴史をさかのぼると、江戸時代に生前葬を行ったということが記されている書物もあり、形は現在とは少しちがいますが、もとをたどると江戸時代から行われていた儀式といえます。

生前葬を行う場合に注意しなければならないことは、招待する方の気分を害する事のないよう、主旨をきちんと説明し、気持ちよく出席してもらえるように準備をすることです。

実際に行う人はまだ少数のようですが、有名人や芸能人が生前葬を行うということが増えてきた事で生前葬という形式を知る人は多くなってきています。

また、「長寿儀礼」として行われる事もあり、今までの人生を「疑似の死」によってリセットし、今までの人生の荷物を降ろし、生まれ変わってこれからまた新しい人生をスタートさせるという意味を含んでいます。

子どもに負担をかけたくないという理由で、生きているうちに自分で費用を出し、済ませてしまうという考え方や、高齢の為、まわりも病気などで葬儀に足を運ぶのが困難になる前にという考え方、人生の締めくくりに入る為のきっかけにしたい。など他にもいろいろな理由で生前葬を希望する人が少しずつ増えてきています。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ