企業の大切なアピールでもある社葬、一般葬儀との違い

社葬とは、企業のトップや企業に貢献をした者が亡くなった場合、殉職された者などに対して行われる葬儀で、遺族と共に企業が中心になり追悼をするものです。

個人葬で密葬を行い、後日社葬を行うことが一般的です。一般的な葬儀を遺族で行い、2~4週間後に改めて社葬を実施することが多くなっています。

会葬者の数が一般の葬儀と比べると多く、大規模に執り行われます。一般の葬儀との一番の違いは、企業が運営の主体となっていて、経費の全てを企業が負担するか、費用の一部を負担するというところです。費用は役員会で決められ、喪主は遺族ですが、企業の者が施主となり、葬儀委員長は企業の代表者が務めます。故人の関係者の他にも企業関係者、関係企業からも多くの参列者が訪れる事から、企業にとってのとても重要なアピールの場でもあります。

お別れの会という形で、遺族での密葬のあと、ホテルなどの大きな会場を使い執り行われる事もあります。お別れの会は自由な形式で行えるため、企業によって形式は様々です。故人を偲ぶと同時に、親交があった人たちとの交流の機会をもうけるという意味が強く、弔辞や献花などの披露、企業のプレゼンテーションの場としての意味合いが強い事もあり、接客重視のホテルなどを会場とするお別れの会は今後増えていきそうです。

最近では個人葬の費用も企業側が負担する事が増えてきていますが、全てを取り仕切るという企業は大企業などで、中小企業の多くは合同葬という形をとり、遺族との話し合いのもと、費用の負担も決めていきます。企業と遺族が合同で主催して行いますが、場合によっては複数の企業が合同で行う場合もあります。社葬に比べ葬儀までの時間が限られているため、短時間で親交のあった方や企業への連絡など複雑になりがちな運営を、漏れやミスなどがないように行わなければならないため、とても神経を使う必要があります。社葬に比べ、合同葬は費用を抑えられるため、今まで社葬を行えなかった企業なども合同葬という形で社葬を執り行う事が増えてきました。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ