死亡診断書とそれにともなう書類提出の手順、代行業者について

親族、家族などが亡くなり、死亡診断書をもらったら、どうすれば良いのでしょうか?

死亡診断書は死亡届とセットになっているA3の用紙です。死亡診断書には医師の署名捺印と共に、死亡時刻・死亡場所・事由などが書かれています。死亡届に必要事項を記入し、役所に提出します。死亡届けは、死亡地・死亡者の本籍地・届出人の所在地のいずれかの区役所、市役所、町村役場に提出します。死亡届出人は同居の親族、同居していない親族、その他の同居者、家主、地主もしくは土地の管理者の順に義務があります。提出時に死亡診断書とセットになっている死亡届1通、届出人の印鑑(認め印可)が必ず必要です。他に必要な書類があるかについては各役所で問い合わせてください。死亡届の提出に関しては代行してくれる葬儀社もあります。その場合は代行者の印鑑も必要になってきます。死亡診断書を提出し、受理されると「火葬許可書」が交付されます。この火葬許可書がないと火葬が出来ませんので死亡届はなるべく早く提出する必要があります。慌ただしい中、役所へ出向くのが困難な場合など葬儀社にお願い出来ると、書類の不備や紛失などの心配もなく安心かもしれません。また、火葬場で火葬許可書を提出すると埋葬許可書が発行されます。これは納骨の際に必要になります。

死亡診断書は死亡届と一緒に役所に提出してしまいます。後日いろいろな手続きで故人の死亡を証明する為に必要となってきますので、コピーをして写しを何枚か用意しておきましょう。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ