身近な人の死、何から始めたら良いのか〜葬儀前の打ち合わせなど〜

身近な人が亡くなったとき、悲しみに暮れ何も考えられないような状態の中で、たくさんの手続きや準備をしなければなりません。

入院中に亡くなられた場合は、医師からご臨終が伝えられ、お清めなどを病院側が対応してくれる事が多いです。この際、入院費用なども含めた支払いを済ませましょう。

自宅で亡くなられた場合、病気療養中であった方でしたら、かかりつけの主治医に連絡をして指示を仰ぎましょう。かかりつけの医師が特にいなかった場合や、病気以外のさまざまな理由によって亡くなられた場合は、最寄りの警察に連絡をします。警察の指定医が出向き、検死を行います。医師の検死が終わるまでは遺体にさわったり動かしたりする事はできず、指示を待つ事になります。

事故死、変死などの場合は、その状況により医師、警察の指示を仰ぎましょう。自殺により亡くなった場合、死因によっては遺族が損害賠償などの費用を負担しなくてはならない場合もあります。遭難などにより死亡した場合の捜索費なども負担することになります。

旅先や海外で亡くなられた場合は、火葬をどこでするか、遺体をどのように運ぶかなどによりいろいろな手続きが必要となります。

死亡診断書をもらったら、葬儀の準備をはじめます。なにから手を付けて良いかわからない方も多いと思いますので、先ず葬儀社を選んで来てもらうと良いでしょう。互助会などに入会されている場合は連絡をすれば指定の葬儀社が来てくれます。そのような準備がされていない場合も、病院や区・市・町・村役所に相談すると紹介してもらえます。

病院以外で亡くなられた場合、病院側でしてくれるお清めを葬儀社に依頼する事も出来ます。遺体の移送から葬儀までを葬儀社にお願いする事が一般的です。火葬場の混み具合などにより、希望日に葬儀が出来なくなる事もありますので、葬儀社へはなるべく早めに連絡をし、打ち合わせを進めると良いでしょう。後でトラブルを起こさない為に、予算などをはっきりと伝え、しっかりと相談し、どの位のランクの葬儀を行うか、何にどのくらいかかるのかを打ち合をして把握しましょう。信仰している宗教や宗派によって流れや形式が違ってきますので、わからない場合は調べる必要があります。

遺体の安置や枕飾りなども葬儀社が準備してくれます。納棺などのタイミングは遺体の状況やご遺族の都合に合わせて行います。

まず、死亡診断書(事故などの場合、死体検案書)を地域の役所に持っていき、死亡届を提出します。所定の用紙に必要事項を書き込むのですが、その際に届出人の印鑑が必要です(代行してもらう場合は代行人の印鑑が必要です)。死亡届の提出は死後7日以内となっていて、休日・深夜も受け付けてくれます。死亡届を提出する際に火葬許可証を申請し、火葬の許可をもらいます。火葬場で火葬許可証を提出し、必要事項を記入してもらったものが埋葬許可証になります。これがないと葬儀が行なえない為、早めに手続きを済ませましょう。それに伴い、通夜、葬儀などの日程を話し合っていきます。

葬儀社との打ち合わせと同時に行わなければならないのは、親族、友人・知人、勤務先、近隣、町内会、自治会などへの連絡です。必要に応じて連絡をしましょう。連絡した方達が弔問に訪れた際の対応も考えておきましょう。葬儀の連絡をする際に掲示しなければならないので喪主や葬儀委員長も決めます。喪主は故人に一番関係の深いものが務めるため配偶者が一般的ですが、他界している場合などは、親や子どもなどが務めます、最近では配偶者と子どもが共に務める事もあります。通夜や告別式での役割分担も決めておきましょう。

  • 「葬儀ナビ!後悔のない納得いく葬儀ならここで」はアナタの条件の合う施設を見つける事が出来ます。
  • サイトマップ